COMPANY 企業情報

ごあいさつ

弊社は昭和21年創業以来、一貫して金属製品加工に専念して参りました。
特にプレス加工とヘラ絞り加工、レーザー加工機を主とした板金加工の連携システムは業界に於いて高い評価を頂いて参りました。
創業当初はモータリゼーションの発展に着眼し、各種車両部品に当社独自の技術を十分に駆使いたしまして好評を博し、大型プレス機と精密工作機の導入により、作業の合理化と品質の安定を図って参りました。
多品種・少量生産が主流となった現在、板金加工の更なる合理化を目指し、プレス加工、ヘラ絞りとの連携強化に努めます。
また、新素材、新技術の開発に意を注ぎ、優れた品質、低コストの製品をご提供するために、企業努力を続けて参ります。
今後とも市川鉸工業株式会社をどうぞ宜しくお願いいたします。

市川鉸工業株式会社 代表取締役   市川 慶一

会社概要

会社名称市川鉸工業株式会社
所在地〒370-1203 高崎市矢中町1131-1
設立年度昭和21年5月
資本金1,200万円
代表者代表取締役 市川 慶一
業務内容金属加工業・板金加工・プレス絞り加工・ヘラ絞り加工
従業員数20名

周辺地図

会社沿革

昭和21年05月高崎市新後閑町にて創業。主としてヘラ絞り加工を行う
昭和28年12月有限会社 市川鉸製作所を設立
昭和43年01月高崎市矢中町に本社工場を新築、移転
昭和44年04月倉庫326㎡を新築
昭和53年11月株式会社に組織変更。市川鉸工業株式会社に社名変更
昭和54年04月工場80㎡新築(1,000tプレス)
平成01年12月市川 慶治朗会長、市川 武代表取締役に就任
平成09年10月1,000tプレス搬出、レーザー加工機の導入により製缶板金を開始
平成15年10月群馬県1社1技術認定を取得 ・ロール成形及び多様穴加工の連携システム
平成16年07月群馬県経営革新計画の承認を受ける
平成19年09月品質・コスト面の強化を目的とし、自動スピニングマシンを導入
平成19年12月厚板、ステンレス加工の強化を目的とし、レーザー加工機2号機(FO3015)を導入
平成23年12月プレス成形金型のサポートを目的として、3Dプリンターを導入
平成24年09月高精度、厚板曲げ加工強化を目的とし、高精度ベンダー:HDS1303を導入
平成27年03月市川 武会長、市川 慶一代表取締役に就任
平成27年09月自動スピニングマシン2号機を導入